算数って、将来何の役に立つの?と聞かれたら

算数が苦手なお子さんにとって、算数の勉強をする時、「算数は将来何の役にたつの?」と疑問に感じるケースもあるでしょう。

 

おそらく、心のどこかにこうした気持ちを抱えながら学習しているケースが多いです。

 

 

例えば、スーパーへ買い物へいった時、3割り引きの商品があったら、即座にいくらか計算することになります。

 

算数は「3割引きならいくら安い?」など、算数は日常生活に直結していることになりますね。他にはケーキを作る際にレシピを見ながら3人分のレシピで2人分の料理をつくる際に、分量を計算することになります。

 

すばやく正確に解くことが重視されるので、算数力があればその場ですぐ暗算したり、計算がスムーズにできるので役立つことは間違いないでしょう。

 

 

将来、算数は何の役に立つか疑問に感じるようでしたら、それは成長している証です。

 

仕事でグラフの統計やデータリサーチなど、内閣支持率や視聴率など様々な分野において、確率などパーセンテージを意識するようになります。

 

やはり、こうしたデータリサーチなど算数や数学の知識が必要になり、集めたデータを表やグラフに図解して整理する能力が必要になります。

 

イメージを具体化することで、様々な部分が理解できるようになり、やはりこうしたデータ収集・分析など、仕事においては必要な分野といえるでしょう。

 

算数は将来かなり役立つ知識になるため、基礎学力を身につけておくことは重要になります。

算数は生活の中で役立ちます

算数の勉強はなかなか進まない!とお困りでしたら、生活の中で算数を使うことで、だいぶ苦手意識が遠のいて、算数は生活の中で役立つんだ!と意識するようになります。

 

 

日常生活の中では色んな場面があります。

 

例えば、長方形の長いカステラを半分に切って、残りは冷蔵庫で保管しカットした半分を4当分にするなど、算数の知識が役立つ場面が生活の中には多々あるので、お子さんにお手伝いしてもらうなど、カステラのカットやリンゴを切ってもらうなど、色んな形を切って変化することを学ぶには丁度よい機会になります。

 

 

カステラの形を聞いてみるなど、質問してみるのも良いでしょう。

 

カステラは長方形だという答えが出たら、長方形の定義について確認してみましょう。

 

「角ばっている形だから」といった曖昧な回答ではなく、きちんと「すべての角が等しい四角形」といった正しい定義を理解しておくことが重要です。

 

 

定義を理解することで、算数は公式の暗記ではなく、きちんと理解した上で解けるようになります。

 

生活の中で算数は役立つことがとても多いので、その辺をきちんと理解しながら普段の生活の中でヒントを見つけていくと良いでしょう。

算数の楽しみ方を見つけよう!

”算数=苦手・難しい”といったイメージをお持ちのお子さんは多いです。

 

こうしたネガティブなイメージを持っていると、せっかく算数を伸ばすチャンスを失ってしまうことになります。

 

算数は楽しいよ!といったポジションな印象に変えるためにも、親御さん方もお子さんと接する際に算数の楽しみ方を見つけてみましょう。

 

 

最近はタブレット学習など通信教材は多く取り入れているため、タブレット学習を活用して算数は勉強ではなくゲーム感覚で学習していくのも最適です。

 

算数は楽しんでやるものだといったポジティブな気持ちに変化してきます。

 

 

また、タブレット学習において図形問題は特に立体的にイメージすることができるので、かなり解きやすいのも事実です。

 

なので、お子さんが楽しい!と感じるような学習方法を見つける手助けをすることで、算数の楽しみ方を見つけることができます。

 

 

こうした基礎学力をしっかり身につけることで、算数が解るようになり学校の勉強も楽しく感じて難しい問題へチャレンジするようになります。

 

いきなり応用問題へチャレンジするのではなく、ステップを踏んでいくことで基礎学力が身につきベースがしっかりとできることで、難しい問題も解けるようになります。

 

柔軟な思考力を小学生の頃は身につけることで、算数が楽しくなりますし、将来役立つことになります。

まとめ

算数は将来何の役にたつか?と疑問をお持ちになるお子さんもいらっしゃいますが、きちんと具体例を挙げた上で説明してあげることが大切です。

 

データーを集計して分析してグラフ化するなど、様々な場面で目にする機会も多いはずです。

 

内閣支持率や視聴率など、よくパーセンテージで表示されますが、こうした数値も算数の知識が必要になります。

 

 

他には日常生活の中で「カステラを半分にカットすると2分の1になるね。」など、具体例をあげながら説明していくと算数がいかに生活の中で活用されているのかが目に見えて分かるようになります。

 

身近な生活の中で算数を勉強することで将来役立つことは多いといった理由も理解できるようになります。