通信教育で先取り教育は可能?

最近はとても通信教材も充実しており、かなり先取り学習ができるのも事実です。

 

お子さん一人で学習できるようなサポートも充実しているので、タブレット学習など取り入れている通信教材も多々あります。

 

お子さん一人で学習できますし、また学習のペースなど随時、親御さん方にメールで連絡が来るような設定になっているので、けっこう管理もしっかりしていますし、安心して通信教材で勉強することができます。

 

 

特に算数は先取りを行うことで、学校の勉強がスムーズに理解できるようになり、お子さんが学校で算数の問題が解けることで自信が次第についていくのを実感できるようになります。

 

少し先取りするだけで、だいぶ意識も変化してくるので、通信教材を活用した先取り学習はかなり効果が出るのも事実です。

 

 

タブレットで学習するようなシステムを提供している通信教材も多々あるので、かなり充実しています。

 

一つずつお子さんが理解しながら学習を進めることができるよう、ステップを踏まえてレベルアップできるような教材になっているので、一人でも取り組めるようになっているのが特徴です。

 

 

学習システムの充実さはとても重要になり、小学生のお子さんが勉強しやすい環境になっているか、通信教育での先取り学習が可能かどうか、その辺はきちんと親御さん方もチェックしてみましょう。

 

タブレットはお子さんが保有すると色んなことに興味を持つため、制限をかけるなど親も状況を把握しておく必要があります。なので、こうしたチェックを怠らずにタブレット学習を用いて通信教育を進めると基礎学力も身について、かなり充実できる先取り学習になります。

通信教育の教材の選び方

通信教育は今はとても種類が多く、紙媒体のみ、タブレットと紙、タブレットのみなど、種類が豊富にあるのでどの教材を始めたらよいか迷う方も多いはずです。

 

 

まず、お子さんに合った通信教育を選ぶことが重要です。

 

紙媒体のみの教材だと、どうしても楽しみがない!といった印象を受けるかもしれませんし、タブレットを選択した場合、ちゃんと考えて学習していのか不安だと感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

 

まずは、お試し教材を取り寄せてから検討してみるのはいかがでしょうか?

 

算数は特にイメージを作ることも重要になります。

 

そうした部分を上手に取り入れた教材を選択して受講することでお子さんもグングン吸収し、学力を伸ばしていきます。

 

 

また、通信教育の中には、中学受験を見据えた内容で教材を提供しているところもあり、そうした場合は思考力を伸ばすような内容になっています。

 

なので、学校の教科書より難しいため、お子さん一人で取り組むのは厳しい部分がありますし、そういう時には親御さん方が手を差し伸べてサポートすることが大切になります。

 

 

あまりにも難しいようでしたら、通信教育を変えて利用してみるのも良いでしょう。

 

あくまでも学校の勉強をきちんと理解することは大切なので、先取りしすぎずきちんと理解していくことが大切になります。

 

>>>算数の先取り学習にベストな方法はこちらで紹介しています

通信教育のメリット・デメリット

通信教育のメリットは、タブレット学習などお子さん一人で学習を進めることができるよう、かなりサポートが充実している教材も豊富にあります。

 

なので、お子さんが一人で学習できるよう楽しく分かりやすい教材は最適です。

 

 

通信教育は、毎日少しずつ教材へ取り組むことで学習する習慣が身につきますし、こうした小さな積み重ねが成長過程において重要になります。

 

中高生になったとき、自分で計画を立てて学習できるようになるため、通信教育を使いながら先取り学習をすることで、学校の勉強が分かる!楽しい!と感じるようになり、自信を持つことができます。

 

 

デメリットは、やはり親御さん方が定期的にチェックしないと、全く教材に手をつけず、そのまま放置していることもあり、自分で計画を立てるのが難しいことも多々あります。なので、お子さんの性格や様子をみながら、通信教育を進めているかチェックしてあげましょう。

 

 

また、タブレット学習は楽しい反面、やはり他のゲームなどに興味を持つようになるので、タブレットを使用する際には制限をかけるなど対策が必要になります。

 

知らぬ間に違うサイトでゲームをして遊ぶのに夢中になっていた!というケースもあるので、色々注意も必要です。

 

紙の教材は楽しくないので、そのまま放置しているケースも多いので、親御さん方が定期的に声かけしてお子さんの様子をみましょう。

まとめ

通信教育で先取り学習をするのは可能です。お子さんにあった教材を選ぶことが何より重要になるため、お試し教材など取り寄せてみてから判断するのがよいでしょう。
そうすることで、お子さんがどれくらい興味を持って教材に取り組むか、レベルは合っているかなど把握することができます。