子供の算数苦手を克服するコツは?

算数が苦手だなぁと感じているお子さんは、とても多いです。

 

算数=難しい、苦手だと挿入感を持っているケースも沢山あるので、実は算数は楽しい!と思えるような環境を作ってあげることが大切なポイントになります。

 

 

算数が苦手なお子さんは数字を見るのも嫌なケースもあるため、まずは日常生活の中でゲーム感覚で算数を取り入れてみましょう。

 

例えばお風呂に入った時、1〜100まで数えてみる。

 

九九を言ったり、簡単な足し算引き算を暗算でしてみるなど、ゲーム感覚で算数を取り入れてみるとお子さん方も楽しくできるようになります。

 

 

苦手意識を無くすことが、小学生の時にはとても大切なので、算数の楽しさを実感させることが算数の克服へつながります。

 

ちょっとしたことでよいので、まずはお子さんができそうな簡単なドリルを買い、時間を計って取り組んでみましょう。

 

最初は遅いかもしれませんが、何度か繰り返しているうちにスラスラできるようになり、タイムも早くなります。

 

 

こうして日々の積み重ねが自信となっていくので、少しでも時間が早くなったら褒めるようにしましょう。

 

また、計算ミスが改善されたり、良い部分を見つけて褒めてあげることで、お子さん自身が算数に対しての苦手意識がだいぶ遠のくようになります。

算数を克服するコツとは?

算数が苦手なので宿題するのに時間がかかりすぎたり、なかなか自分からやろうとしない!というタイプのお子さんでしたら、上手に克服するコツがあります。

 

まずどの部分が理解できていないのか、親御さん方もお子さんの算数のつまずきを発見してあげましょう。

 

 

学年で習っている勉強よりはるかに低学年レベルの算数が解けなかったとしても悪いことではなく、恥ずかしいこともないため、そこはお子さん自身、きちんと理解するようにしましょう。

 

分からないないままにせず、「ここが分からない!」と自分からハッキリ言えるような環境を与えるようにしましょう。

 

 

そして、親御さん方も「何でこういう問題も解けないの?」と厳しい口調で伝えるのではなく、「一緒にやってみよう!」とポジティブになるような言葉かけをしてあげましょう。
そうすることでお子さんも親には何でも話して良いんだなぁといった気持ちになります。

 

 

算数の基礎をきちんと固めることで、次第に応用問題も解けるようになりますし、親子でたっぷり時間をかけながら算数へ取り組んでみるのは大切でしょう。

 

難しい問題集を選ぶのではなく、お子さんが取り組みやすいレベルを選ぶことが大切なので、一緒に本屋さんへ行って問題集を選んでみるのも良いかもしれません。

算数のベースを作ること!

算数に対して苦手意識を持っているお子さんは、実は単純なことで算数に対して苦手意識をお持ちになっているケースが多いです。

 

小学校入学前からそうした気持ちを持っているお子さんもいるため、先入観をなくすことが何より苦手克服になります。

 

算数の苦手を克服するコツは、計算問題が解けるようになることです。

 

 

算数は計算が基本になっています。

 

足し算引き算から始まり、掛け算割り算、小数点の移動・分数の問題など学年が上がるごとに難しさもアップしていきます。

 

お子さんが計算ミスをするようでしたら、どの部分で計算ミスをしているのか把握することが大切です。

 

テストの点数や結果のみで判断するのではなく、どの部分でつまずいているのか分析しましょう。

 

 

間違っている部分は、小数点の移動ができない、分数の通分ができないなど、細かくチェックすることでお子さんが苦手な部分がわかります。

 

お子さん自身、苦手だと理解していないケースもあるため、きちんとテストで間違った部分を分析してみましょう。

 

 

小学生の間は子供さん一人で間違った部分を分析するのは難しいため、きちんと親御さん方がフォローしてあげることが大切なポイントになります。

 

そうすることで、一つずつ問題をクリアでき、間違いが解消され、次第に解けるようになり、お子さんも算数が好きになるので一つずつ問題を克服していくことになります。

 

 

小数点の移動の仕方もコツがわかるまで、繰り返し似たような問題を解いていると解き方が理解できるようになるので、大切なことです。

 

繰り返し、繰り返しの勉強がベースになります。

まとめ

算数の苦手克服は親御さん方がちょっと手を差し伸べることでお子さんもコツがわかり、算数が好きになります。

 

小学生の間は自分で苦手部分を見つけるのは難しいので、テストで間違った部分を親御さん方がチェックして分析し、どの部分がよく理解できないのか、お子さんと話しながら苦手部分を徹底的に改善するよう、取り組んでいきましょう。

 

 

簡単な問題集から初めることで、お子さんも難しいと感じず、算数が解ける楽しさやコツがわかるようになります。

 

日々の積み重ねが大切なので、毎日10分でもよいので、算数の時間を作ってみるのもよいですね!