算数先取りに算数検定は有効をしてみようかと思ったら

よく算数検定、英語検定試験など耳にする機会も多いでしょう。

 

算数検定の正式名称は「実用数学技能検定」です。

 

これは、算数の実力を知ることができる、全国レベルの検定試験なので、お子さんが今、どのくらいのレベルを理解できるのか、算数の理解度をチェックすることができる目安になります。

 

幼児から受けることができるので、算数検定は11級のレベルからあり、小学1年生レベルからスタートすることになります。

 

 

まず、本屋さんで算数検定の問題集を購入してトライしてみるのもよいでしょう。

 

難しいようであれば、最初は”かず・かたち検定”からスタートしてみましょう。

 

かず・かたち検定は、就学前のお子さん方が数多く受けているので、どんな感じが受けてみるのもよいかもしれません。

 

 

算数検定の勉強派、算数を通して身につく力として、道筋を立てて考えられる「論理的思考力」、自分の考えを表現できる「コミュニケーション能力」、文章問題で、本当に問われていることを導き出せる「読解力」、一度使用した解き方を他の問題でも使用できる「応用力」、一方向からの視点だけでは解けない問題に取り組める「多角的な視点」など上げられるので、算数検定を通して基礎がしっかり身につき、先取り教育へとつながります。

算数検定は算数先取りに役立つの?

算数検定は、小学1年生レベルから受けることができるので、先取り学習するには最適な教材になります。

 

問題集など本屋さんで購入することができますし、お子さんの勉強は親御さん方が見てあげるフォローも必要になります。

 

 

中学受験を視野に入れているようでしたら、算数検定など教科書の内容に沿った勉強がベースになっているので、基礎学力をしっかり固めるためにも算数検定の勉強や検定を受けるなど、チャレンジしてみるのもよいでしょう。

 

 

やはり日常生活の中で勉強する習慣が小学生の頃から身につくチャンスになります。

 

算数を毎日少しでもよいので、身近な学習にしておくと、苦手意識を持たずにスムーズに学校の勉強や中学受験の問題に取り組むことができます。

 

 

算数検定で先取り学習をすることで、学校の勉強も理解できるようになり、難しい問題と遭遇した時も難なくクリアできるようになります。

 

また、お子さんが算数検定で試験をクリアしていくと自信にもなり、そして試験会場の場馴れにもなるので、よい経験になります。

 

入試会場で緊張することなく試験を受けることができるので、小学生の頃から算数検定など目標を設定することで、努力する姿勢や算数の先取りで授業内容が理解できるようになるなど、利点が大きいのも事実です。

 

学校の勉強が理解できることで授業も楽しく感じるようになります。

算数検定は中学受験に役立つの?

中学受験を視野に入れているご家庭において、お子さん方に算数検定を受けさせるべきか、迷っている方も多いでしょう。

 

中学受験の算数は難問など、かなり複雑な問題も多いため、算数検定のみの学習で対応するのは難しい部分がありますが、計算問題や文章題、図形の問題など基礎を固めるには最適の教材です。

 

複雑な応用問題など、やはり基礎固めが重要になります。

 

中学受験の土台になるので算数検定の学習で鍛えておきましょう。

 

 

算数検定6級までが小学6年生のレベルなので、先に勉強しておくと学校の勉強はもちろん、中学受験の算数の問題へ取り組む際にも苦手意識を持たず、柔軟に対応することができます。

 

難しい問題に遭遇したとき、算数は苦手だと先入観があると、なかなか先へ進まず点数が伸びない事が多いですが、算数検定で基礎学力を固めておき、また検定を受けたあとにどの部分が間違っていたか、分析することでお子さんが苦手としている分野が分かります。

 

そこを強化することで、だいぶレベルアップすることができるので、算数検定を受けることで中学受験の算数も苦手意識を持たずにスムーズに取り組むことができるようになります。

 

 

親御さん方のサポートが必要になりますが、小学生の頃はお子さん方もまだ素直ですし、その時期に学習する習慣が身につけておくと、後々の自学自習へとつながります。

まとめ

算数検定は算数先取りに役立つかどうか、気になるようでしたら、まず検討してみるのもよいでしょう。

 

教科書の内容に沿った検定なので、基礎学力を固めるには最適だといえます。

 

また、算数検定を受けてクリアしていき、級が上がっていくとお子さんご自身も嬉しくなるでしょう。

 

 

中学受験を視野に入れているようでしたら、計算問題を早く解いたり基礎学力を身につけるためにも算数検定を受けておくと安心です。

 

計算ミスを起こしたり、やはり基礎学力が徹底していないと、こうしたケアレスミスも起こしやすくなるので、算数の先取りも考慮して算数検定を受けることで、安定した算数の解答ができるようになります。