算数の先取り学習に最適な方法を教えます

算数を解く子供

 

「我が子の算数の才能をもっと伸ばしたい!」
「中学受験に通用する算数の実力を身につけたい!」

 

そんな子供に対しては、少しレベルの高い教育を受けさせたいところですよね。

 

でも学校の授業の進度は標準化されたものなので、算数が得意な子供にとっては少し物足りなく感じることでしょう。

 

 

そんな時に出てくるのは「算数先取り」という選択肢。

 

塾、家庭教師、通信教育…様々な方法がありますが、実際にどの方法が良いのか分かりませんよね?

 

今回は、親御さんの負担も少なく、子供の算数の力を効率的に伸ばせる方法をお教えします。

 

算数の先取り学習のメリット・デメリット

算数の先取り学習を始める前に、まず算数の先取り学習のメリット・デメリットについて知っておきましょう。

 

算数の先取り学習のメリット

算数の先取り学習を行うことによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

算数が好きになる

算数は基本的に全ての学習がつながっています。

 

1年生の学習が分かるから2年生の問題が分かり、2年生の学習が分かるから3年生の学習が分かり…と一つ一つ階段を上がっていくイメージです。

 

先取り学習とはいっても、全てが新しい学習というわけではありません。

 

新しい学習の根幹にあるのは今まで積み上げてきた学びです。

 

自分の学びをもとに、新たなことを学ぶ楽しさに気づくことができた子供は、算数の楽しさにどんどんハマっていくことでしょう。

 

子供の自信につながる

先取り学習をすることで、子供は

 

「学校よりも先のことを学習している」
「みんなよりもいろんなことを知っている」

 

と、感じるようになるでしょう。

 

この事実は、子供にとって大きな自信につながります

 

 

意外と自信は学習において重要なものです。

 

「どうせ僕なんて…」と自信のない子は、学びに対して消極的になりがちです。

 

自信を持つことで、学びに対してどんどん積極的になります。

 

中学受験に通用する力を身に付ける

学校の学習だけでは中学受験に通用する力を身に付けることは不可能です。

 

学校の学習と、受験の学習は全くの別物と考えてよいでしょう。

 

 

算数の先取り学習をすることで、中学受験に通用するような算数の力を身に付けることができます。

 

早い人は、小学1年生から既に中学受験を見据えて先取り学習を始めています。

 

子供の中学受験を考えている親御さんは、算数の先取り学習をできるだけ早く取り入れることをおすすめします。

 

算数の先取り学習のデメリット

算数の先取り学習はメリットばかりのように思えますが、実はデメリットもあります。

 

学校の授業が面白くなくなる

普通の子供にとって、学校の授業は新しい学びと出会う場です。

 

授業の中で新しいことを知ったり、友達と話し合う中で問題が解けるようになったりしながら力を身につけていきます。

 

 

しかし、算数の先取り学習をしている子供にとって、学校の授業は復習の場になってしまいます。

 

学習において復習はとても大切なことですが、初めて学ぶときのようなワクワク感は得られないでしょう。

 

 

また、先生の話もつまらないと感じてしまうかもしれません

 

学校の授業は1日6時間もあるので、授業が退屈なものになってしまうと、少し辛いかもしれません。

 

子供が算数嫌いになる可能性がある

子供の発達段階に合わないような難しい問題に取り組ませてしまうと、子供に挫折を味わわせることになります

 

子供が一度でも、「勉強って難しいから嫌い!」と感じてしまうと、その先の成長を妨げることになります。

 

先取り学習をさせる際には、子供の実力や学習ペースを見極めることが大切になってきます。

算数の先取り学習ができる方法とは?

算数の先取り学習にはいろいろな方法があります。

 

算数の先取り学習を成功させるためには、自分の子供や家庭環境に合ったものを選ぶことが大切です。

 

いくつかある算数の先取り学習について、それぞれのメリット・デメリットを交えて解説していきたいと思います。

 

公文式

公文式では、繰り返し計算問題の反復学習を行うので、計算力を身に付けることができます>。

 

公文式に通うことで、計算の速さはクラス上位になれる可能性が高いです。

 

 

しかし、裏を返せば、記述で解答するような応用問題に対応できる力はあまり伸ばすことはできません

 

算数の基礎は計算力なので、算数を学ぶ素地を身に付けるにはもってこいだといえるでしょう。

 

進学塾

進学塾は、どんどん先取り学習をすることができます

 

また、受験で使えるような問題を解くテクニックも教えてくれるので、どんどん点数を伸ばすことができるでしょう。

 

 

しかし、進学塾は多くの場合一斉授業形式で学習を進めます。

 

授業のスピードも速いので、なかなかついていけない子供もいることでしょう。

 

また、どうしても高い月謝がかかるということと、夜間に親の送り迎えが必要であることなどから、親の負担が大きい方法であるといえるでしょう。

 

自宅学習

親が先生になって教える

自宅で親御さんが教えるというのも一つの方法です。

 

自宅でできますし、月謝もかからないので、取り組みやすい方法であるといえるでしょう。

 

 

しかし、小学校高学年の問題にもなると、大人でも悩むような問題が増えてきます。

 

かといって、低学年の問題も侮れません。

 

 

自分が分かっていても、子供が理解できるように説明するのはかなり難しいことです。

 

子どもに質問をされた時に、上手に答えられず困ってしまう親御さんもいるかもしれません。

 

 

また、子どもの勉強を見るには時間も必要なので、お仕事でお忙しい保護者の方には難しいかもしれません。

 

市販の問題集を使う

書店などでも様々な問題集が販売されているので、それらを使うのも一つの方法でしょう。

 

学年や難易度も自由に選ぶことができますし、学習内容を柔軟に決めることができます

 

また、市販の問題集は手ごろな価格設定なので、塾などよりも大きく費用を抑えることもできます

 

 

ただ、こちらも上記の方法と同じように、親が先生になる必要が出てくるでしょう。

 

もちろん問題集には解答がついていますが、それだけでは子供は理解できないかもしれません。

 

「問題集の内容を子供に質問をされても大丈夫!」という自信のある方でないと、難しいかもしれません。

 

家庭教師

家庭教師はマンツーマンで教えてくれるので、個に応じた指導が期待できるでしょう。

 

 

しかし、家庭教師は週に1回など頻度が少ない場合が多いです。

 

その分、家庭教師が来ない日は子供の自主学習に任せることになってしまいます。

 

わからない問題を質問したくても、先生が来るまでは質問することができません。

 

かといって頻度を増やすと、今度は費用面が心配になってくるので、家庭教師は算数の先取り学習には不向きであるといえるでしょう。

 

通信教育

自主学習の習慣がついている子供には通信教育もおすすめです。

 

自宅で完結するので、スキマ時間に取り組むことができます

 

 

例えば有名どころの進研ゼミ(チャレンジ)、Z会、スタディサプリでは上の学年を受講するという使い方をすることができます。

 

この方法なら、上学年の内容を先取り学習することができます。

 

 

ただ、どうしても1年単位の学習になってくるので、自分のペースで柔軟に先取り学習をしたい人には不向きかもしれません。

 

「自分に合ったペースで算数の先取り学習を進めたい!」という人には、算数に特化した先取り学習がしやすいサービスを選ぶことをおすすめします。

算数の先取り学習なら「RISU算数」がおすすめ!

算数の先取り学習では『RISU算数』というサービスが今注目されています

 

RISU算数

 

RISU算数はオンライン完結型のタブレットを使った通信教材です。

 

>>>RISU算数の公式サイトはこちら

 

『RISU算数』の特徴

算数に特化したサービス

『RISU算数』は算数に特化した通信教育サービスで、タブレット学習東大生をはじめとしたトップ大学生らの個別フォローで、子供の算数の力を伸ばすことが可能です。

 

 

個人の学習データを分析し、最適なレッスンと苦手フォローを行うことにより、それぞれの子供に合わせた算数学習が可能です。

 

その結果、RISU算数では、なんと受講生の75%が1つ以上の学年の内容を先取り学習しています

 

算数の先取り学習にぴったりのサービスであるといえるでしょう。

 

先生による個別フォロー

子供の学習記録は、タブレットからサーバーに送られ、そのデータから先生が個人の学習状況をチェックします。

 

「どこにつまずいているのか」「どのくらいの学習ペースか」などをふまえて、一人ひとりの学習状況に沿ったアドバイスや苦手箇所のビデオ解説、励ましのメッセージ等をフィードバックしてくれます。

 

子供のつまずきに応じたフォローを行ってくれるので、子供の苦手をそのままにせず、解決した上で次の学習に進むことができます。

 

能力に合わせて自分のペースで先取り学習ができる

RISU算数は無学年生を取り入れているため、上の学年の内容をどんどん先取りして学ぶことができます

 

レベルの決め方としては、初回の実力テストで子供の現在の学力を測定し、初めのスタート地点を決めます。

 

子供が「できる!」と感じる地点からのスタートになるので、RISUでの学習が成功体験となり、スムーズな学習の定着を促すことができます。

 

そうやって、それぞれに設定されたスタート地点からどんどん学習を進め、算数の力を伸ばしていきます。

 

安心の料金体系

「うちの子全然やってないのにお金だけ払ってる…」というのは、通信教育にありがちですよね。

 

RISU算数は、それぞれの学習速度に応じて利用料が変化します。

 

  • 1ステージ未満/月クリアゆっくり学習\0
  • 1.2ステージ/月クリア少し速いペース\980
  • 1.7~2ステージ未満/月クリア学校の1.3?1.5倍速 (利用者の平均速度)\2,980
  • 2.5ステージ/月クリア学校の1.9倍速\5,480
  • 3ステージ以上/月クリア学校の2.3倍速\8,980 (上限金額)

 

子供の学習があまり進まなかった月は利用料が安くなり、どんどん進んだ月は利用料が高くなるという特徴的な料金設定になっています。

 

これなら、子供のペースに合わせて学習を進めることができますし、学習が進んでいないのにも関わらず高額な利用料を支払う心配もありません

 

また専用タブレットの費用は無料なので、月あたりの基本料\2,480+利用料金のみという安心の料金体系になっています。

 

『RISU算数』の口コミ

 

 

 

 

口コミををチェックすると、タブレットを使うことで、子供がゲーム感覚で楽しく取り組めるという声が多く見られました。

 

毎日短時間でもコツコツと続けることができているお子さんが多いようです。

 

他の通信教育の教材と違って、学習内容が学年で分けられていないので、ほとんどのお子さんが学校でまだ習っていない上の学年の問題に挑戦しているようです。

 

今なら1週間お試しができる!

RISU算数お試しキャンペーン

 

現在RISU算数では、1週間お試しができるキャンペーンが実施されています。
⇒申し込み殺到のため、現在は休止中

 

通常であれば申し込むとそのまま通常契約が始まりますが、お試しキャンペーン中なら満足しない場合1週間以内に返品が可能です。(返品の場合は送料、保険料として1980円(税別)の支払いは必要。)

 

算数の先取りにRISU算数を試してみたいと思っている人はお早めに!

 

現在のキャンペーンを確認する
↓↓↓

算数先取りに関係したQ&A

算数の先取り学習に関して、親御さんが疑問に思っていることについても調べてみました。

 

算数先取りが向いているのはどんな子?

 

  • 算数が好きでもっと知りたい!という意欲に満ちた子
  • 学校の勉強が簡単でつまらない子
  • 中学受験を考えている子

 

このような子供であれば、算数の先取り学習をできるだけ早く行うことをおすすめします。

 

コツコツと積み上げていくことで、確実に確かな学力を身に付けることができます。

 

また、小学校の算数を完璧にしておくことで、中学校の学習にもスムーズにつなげることができるでしょう。

 

小4算数の壁とは?

低学年の算数は、問題場面を生活と結びつけて考えることができるような具体的なものばかりです。

 

しかし、小学4年生を境に「小数」「分数」「概数」といった、子供の生活経験ではイメージをつかみにくい抽象的なものを扱うことが増えます。

 

子供にとって、イメージがしにくいものはとても難しく感じるものです。

 

 

しかも、この小学4年生で学んだことは、後の5年生、6年生の学習の基礎となるものばかりです。

 

小学4年生の算数につまずいてしまうと、小学5、6年生の学習でもつまずいてしまうことになります。

 

そのため、小4算数の壁と呼ばれています。

 

 

学年が上がるにつれて学習内容が難しくなってきますが、特に小4算数の壁を意識して日々の学習に取り組むようにしましょう。

 

Q. 算数先取りをする時、時間を確保する工夫は?

上手にスキマ時間を見つけて、家庭学習に取り組むことをおすすめします。

 

小学生の発達段階から考えても、1日に何時間も集中して勉強することは難しいでしょう。

 

早起きして15分学習、学校から帰ってきて宿題の後に15分学習、夕飯の後に15分学習…といったように、細切れのスキマ時間を有効活用しましょう。

 

 

時間で区切ることが難しい場合は、問題数を決めてあげてもいいかもしれません。

 

初めのうちは難しいでしょうが、習慣にしてしまうとこっちのものです。

 

子供が自主的に取り組めるような、子供に合った教材を使って学習を進めるようにしましょう。

まとめ

算数の先取り学習を行うことは、子供の算数の力を伸ばすためにとても効果的です。

 

算数の先取り学習を行う方法は、たくさんあります。

 

それぞれの方法にメリット・デメリットがあり、子供によっても合う・合わないがあるはずです。

 

子供に合わない方法を押し付けることは、子供を算数嫌いにしてしまう恐れがあります。

 

親御さんが子供とよく話し合って、それぞれの家庭に合った先取り学習の方法を選ばれるようにしてください。